いちのは -Fun gardening-

バラ、クレマチス、ラベンダー、アジサイ、ユリ、宿根草、多年草、一年草、樹木、果樹、私の庭の植物図鑑

●タイム・ロンギカウリス

タイム・ロンギカウリスシソ科の宿根草、冬場も地上部が枯れる事なく常緑であるために耐寒性多年草、またはシソ科の耐寒性常緑低木ともされています。日向~半日陰、草丈5㎝~10㎝、花期4~5月、花色は濃いめのピンク、葉は小さく花付きは蜜で大変良い、葉はハーブ特有の爽やかな香り、繁殖力旺盛、風通しの良い場所を好む、夏の暑さはやや苦手、湿気を嫌う、乾燥に強い、水やりと肥料は控えめに、マット内の蒸れ対策は梅雨前に刈...

●シラン

シランラン科の宿根草、草丈20~30cmくらい、花期4~6月、日向~半日陰、湿り気のある環境を好むのに水はけの良い土が大好き、夏の暑さには強い、寒冷地での冬場は土が凍らないように管理、春と秋に緩効性の肥料を与える、新しいバルブから花芽、地下茎を株分けで簡単に増やせます。我が家にはピンクの他に花色が青紫になるブルーシランがあったのですが、この2年ほどその花色を見ていません。ちゃんと株はあるので消えてしまった...

●アジュガ・チョコレートチップとレプタンス

アジュガ・チョコレートチップシソ科の多年草、冬場も地上部が枯れる事なく常緑であるために耐寒性多年草とされています。草丈10~15cmくらい、花期4~6月、日向~半日陰、 耐寒性・耐暑性共に優れている、紫系の葉は小さめ、花色は濃く美しく、花穂が密集するので纏まっていると見応えがあります。繁殖力旺盛、土質を選ばないくらい何処でも根付くのでランナーが出たら、他の植物の侵害にならないように適度にランナーを摘みます...

●ベロニカ・ティダルプール

ベロニカ・ティダルプールゴマノハグサ科の宿根草、常緑、草丈10cmくらい、花期4~5月、耐寒性と耐暑性はかなり優秀、日向~半日陰、ペクチナタとアルメナの優秀な特徴を併せ持つ交配種、成長はゆっくり、大株になるには数年を要する、我が家のティダルプールは、つるバラ下のグランドカバーの一部として入れて3年目です。宿根草と分類していますが、冬場も地上部が枯れる事なく常緑であるために耐寒性多年草ともされています。こ...

●庭のオーナメント - 手作り風向計-

手作り風向計百均とあり合わせで、制作時間は20分くらいです。材料は百均のなるべく丈夫そうなカザグルマを2個、アルミパイプ2本(なければプラスチックパイプでも)、風向計の縦軸を差し込むための園芸用の支柱(中が空洞タイプのもの)、金属接着剤などです。殆どの物がウチにありましたので、購入したものはカザグルマ2個の200円+税金だけでした。カザグルマは持ち手の軸が縦の物を横に作り変える必要があります。アルミパイ...

●ブルードレス

ブルードレス四季咲き、ハイブリッドティー、木立性、中輪の半剣弁抱え咲き、花色は青みを帯びたラベンダー色、葉色は濃い緑、スパイシーなブルー香、中香、耐寒性、夏の暑さにはとても弱く感じましたので、特に水やりは日中を避けた涼しい時間にして、鉢の中を高温で蒸れさせないように気をつけます。夏の暑さ対策は絶対に必要な品種だと思いました。ブルーローズの中でも際立って青みが強い品種だと思います。この薔薇は日本人が...

●ノリウツギ・ライムライト

ノリウツギ・ライムライトアジサイ科の落葉低木、ピラミッド型の花房、花期は長く6月下旬~7月、花色は咲き始めが黄色の強いグリーン(ライムグリーン)で咲き進むと濃いグリーンに変化、風通しの良い水はけのよい土を好む、樹高は1mほど、新枝咲き、花芽は4月から出ますのでそれまでに剪定、花後も9~10月に返り咲きも稀にあり、我が家では12月にその1年で伸びた分だけ強剪定をしています。一番の特徴は、そのピラミッド型の形と...

●庭のオーナメント - 小さなツリーハウス -

小さなツリーハウス木製の小さな家をザクロの木の枝に置いています。実はコレ、昔使っていた貯金箱なんです。最初の珍しい時だけで、チャラっと音がする程度にしか使われたことがなく、いつの間にか物入れの中に突っ込まれ、すっかり忘れられていた存在です。時が随分経って、他の物を探していた時に見つけられ、全く使われない貯金箱から庭のオーナメントとして華々しく転生したのでした♪ 鍵付きのドアも開きます。窓ガラスも入...

●カインダーブルー

カインダーブルー四季咲き、フロリバンダ系のハイブリッドティー、美しいモーブ色の丸弁ロゼット咲き、かなりしっかりした枝の直立性の樹形、トゲは大きい、うどん粉病や黒点病などにも強い、葉の色は銀色めいた濃い緑、微香、豪華、日本の気候にもよく合い育てやすいです。とても病害虫には強くて育てやすい品種です。予防をしても、バラに付きもののうどん粉病ですが、この品種は管理人の庭では過去に一度も見られませんでした。...

●大菊・国華越山

大菊・国華越山多年草、花期は10~12月、花の直径は20㎝ほど、強香、草丈100~150cmほど、お日様大好き、成長に応じて鉢変えが必要(3回ほど)、水はけの良い土を好む、水やりは8月の暑さで葉がしなだれやすいが多少乾き気味に、それ以降開花までは表土が乾いていたら鉢底から流れるのを確認しながらたっぷりとやる、3本仕立ては枝の誘引が必要になります。必要な資材として成長に応じて鉢上げをするための菊用鉢(4号、6号、9号)...

●ミステリューズ

ミステリューズ四季咲き、多花性、樹形はシュラブ、中輪の丸弁房咲き、明るい緑のツヤツヤとした葉、咲き始めの花色は濃い赤みがかった青紫、咲き進むと全体の色が褪せて花弁に白い絞りが少し入ります。香りはスパイシーで強香、病気に強い、特にうどんこ病には強い品種だと思いました。半直立性・または半つる性、ステムはしなやかで細いので誘引もしやすく我が家では薔薇のパーゴラ仕立てにしています。道行く人々の足を止めさせ...

●クレマチス・ジョセフィーヌ

クレマチス・ジョセフィーヌキンポウゲ科の耐寒性落葉多年草、耐寒性低木ともされる、花期は4~10月、大輪の八重咲き、新旧両枝咲き、花弁に筋、花色はピンクがかったブロンズ色やクリームがかったピンクなどに変化、豪華、発育旺盛、乾燥を嫌う、肥料は冬場を除いて月一回程度。外側と内側の花弁が一ヶ月近くも掛けてゆっくりと開いていきます。長期間その形や色の変化が楽しめるというお得なクレマチスだと思います。伸びた蔓や...

●バーガンディーアイスバーグ

バーガンディーアイスバーグ四季咲き、フロリバンダ、 花色は赤味の強い紫・ワインレッド、中輪、微香、丸弁咲き、ブッシュ樹形、トゲが少ない、花付きが良い、発育旺盛でよく枝を伸ばし広げますので、全体が大きくなり過ぎて纏まりが着かなくなることもあるかと思います。我が家では大きめのオベリスク仕立てにして、好きなように伸び伸び育てています。白バラの名花アイスバーグの枝変わり品種なので、白い花が付く枝が上がるこ...

●テッボウユリ

テッボウユリユリ科の耐寒性球根植物、耐寒・耐暑性に優れている、やや酸性の土を好む、球根は秋植え、美しい花を咲かせるには冬の寒さに十分に当てる必要があります。球根の植えつけ適期は10月~3月、ユリ科の植物の植え付けの注意として、球根上部の茎から出た根から栄養を取るので、植え付けする時は最低でも球根の高さの3倍ほどの深さが必要、地植えの場合はあまり手が掛からない、とても丈夫,特に消毒の必要がない、病害虫の...

●スイレン・アルバプレニシマ

スイレン・アルバプレニシマ温帯スイレンの改良種で耐寒性スイレンです。お日様大好き、花期は5~6月、土は荒木田土や粘土質の土を使用、肥料は緩行性のものを使い、直接根に触れないようにして土に埋め込むのを3月~7月頃までに数回、8月~休眠期の追肥は株が弱りますので徹底して避けます。夏の暑さで水が汚れたり腐ったりすると、水の透明度がなくなり、日光不足による茎腐りや葉枯れを起こす場合があります。水は常に綺麗であ...

●ポールセンローズ・オルヤ

ポールセンローズ・オルヤミニバラ、中輪、四季咲き、しっかりした直立性、葉は大きく濃い緑色、耐陰性に優れた品種、涼しく風通しの良い場所を好む、うどんこ病と蒸れに注意、室内での鉢植えならば暖かくなりすぎないようにします。ミニバラではありますが開花すると直径7~8㎝程になり、これがミニバラ? というようなゴージャスで迫力のある花を長く咲かせます。その鮮やかな山吹色の深い色は一際目を引き、長期間咲いているの...

●シャクヤク・夕映え

シャクヤク・夕映え宿根草、耐寒性、開花期は4~6月乾燥を嫌う、風通しの良い環境を好む、肥料大好き、うどん粉病・褐斑病・灰色カビ病の予防は必須です。多年草に分類されることが多いのですが、我が家のシャクヤクは花株が14年目となっていますので、ほぼ宿根草扱いです。シャクヤクを毎年綺麗に咲かせるには、数年に1度の株分けを兼ねた植え替えが必要です。花付きや生育をよくするために、我が家では3年毎の秋に行っておりま...

●レイニーブルー

レイニーブルーつる性、四季咲き、花色は淡いパールヴァイオレット、青バラ、多花性で房咲き、花は中輪のロゼット咲き、少しうつむき加減で咲く、樹形はシュラブで横に張るランブラー、枝は細くしなやか、葉は丸みを帯びて小さい、日向大好き、微香ですがスパイス+ティー+パウダー+ブルーの多彩で奥の深い香りを持っています。つる性でも樹形がランブラーなのでスペースのない庭でのオベリスク仕立てや、ちょっとした低めのフェ...

Access Online