●ジークフリート

2019年05月12日
バラ - Rose

ジークフリート

四季咲き、フロリバンダ、アンティークタッチ、中輪のロゼット咲き、青りんごにティー香を足したような仄かな香り、花色は濃いローズピンクを帯びた鮮やかな赤、樹高1m~1.3m、しっかりした半直立ちの樹形、トゲは大きい、葉色は光沢のある深い緑色、うどん粉病に強い、黒星病に強い、寒さに強い、暑さに強い、初心者さん向き、地植え・鉢植えを選ばない、低・無農薬でも育てやすい品種です。このジークフリートの耐病性の高さなんですが、思った以上の強健種で驚くばかりです。過去に、うどんこ病や黒星病など一度も見た事はありません。「ニーベルンゲンの歌」の主人公、魔竜の血を浴びて不死身の身体を持ったと言われるジークフリートの名前に相応しい「最強のバラ」だと思います。

ジークフリートを我が家にお迎えして5年、当時はなかなかこのバラは流通が少なくて手に入りませんでした。入荷しても数がわずかですぐに売り切れてしまいます。某園芸店さんが、1人1苗限定の先着予約販売をしてくれて、やっと手に入れたバラなのです。今では流通も多くなり取り扱う園芸店さんも増えて、入手が以前ほど難しいということもないようです。

※ニーベルンゲンの歌
英雄・龍殺しのジークフリートの非業の死と、ジークフリートの妻のクリームヒルトの復讐劇を描いたドイツの叙事詩。



   




ランキングに参加中、あなたのクリックが励みになります♪


関連記事
    kotoha
    Admin: kotoha

    こんにちは、管理人の kotohaです。趣味はガーデニング・絵を描く・写真撮影などです。
    此処では自分の経験や独学を元に簡単な植物図鑑のようなものを作ってみました。
    皆さんのブログ日記のように日々のあれこれを綴った更新は滅多にございませんが宜しくお願いします。
    管理人は絵を描いたりもします。お気軽に絵のギャラリーサイトへもお越しくださいませ。 https://www.ichinoha.com

Access Online