●オダマキ・イエロークイーン

2019年05月20日
宿根草 - Perennial plant1

オダマキイエロークイーン

キンポウゲ科の宿根草、西洋品種、距(花の後ろに突き出した部分)が長い、草丈40~90cmくらい、花期5~6月、耐寒性、西洋品種のものは山野草用の培養土に少し小粒サイズの鹿沼土を多めにした配合が適している、風通しの良い明るい半日陰を好む、高温・多湿を嫌う、夏の強い日差しは枯れる原因、湿気の多い季節のうどんこ病も枯れる原因、水やりは地植えなら雨水のみでも可、鉢植えは表土が乾いているのを確認したならタップリとやる、緩効性化成肥料を適度に与える、過肥や水の与え過ぎは間延びして草姿が乱れるので注意、根は直根性(下へ下へと伸びる)、アブラムシ・ハダニ・ヨトウムシが付きやすいので春先に消毒、冬は霜が当たらぬように管理、零れ種で増えます。



   


オダマキは母の好きな花だと言うことでに入れています。(管理人としては広くもないに、零れ種であちらこちらから出てきてしまうので敬遠したいのが本音w)何色かあるオダマキの中でも、このレモン色の花のイエロークイーンは大のお気に入りのようです。毎日、可愛い可愛いと観ています。誰かがやって来ると必ず見てよと、まるで自分で育てたかのように自慢気にしています。この花に限らず、のどの花も観るだけで世話をするのは管理人なんですが・・・まぁ、満足してくれているようなので良しとしておきましょう。。



ランキングに参加中、あなたのクリックが励みになります♪


関連記事
    kotoha
    Admin: kotoha

    こんにちは、管理人の kotohaです。趣味はガーデニング・絵を描く・写真撮影などです。
    此処では自分の経験や独学を元に簡単な植物図鑑のようなものを作ってみました。
    皆さんのブログ日記のように日々のあれこれを綴った更新は滅多にございませんが宜しくお願いします。

Access Online