●ラミウム・スターリングシルバー

2019年05月11日
宿根草 - Perennial plant1

ラミウムスターリングシルバー

シソ科の宿根草、耐寒性多年草ともされる、冬期落葉種とされているが関東地方では冬場でも葉を残して越冬可能が確認済、草丈10~20cmくらい、匍匐して横に広がる、花期4~6月、耐寒性と耐暑性は良い、風通しの良い日向~半日陰、日向の方が花つきは多くなる、グランドカバー向き、シェードガーデンにも向いている、寄せ植えにも良い、水は控えめに、水やりが多いと間延びしがちになり草姿が乱れる、やや乾燥気味に管理、草丈が大きくなったなら適度に剪定、花後は株元を5cmほど残して切り戻すと美しい葉が再生、観賞期間が長い、丈夫で生育が早い、病害虫にも強い、株分けや挿し木で増やせる、肥料は切り戻し後と春か秋に適量、過肥は避けます。

ラミウムの中でもスターリングシルバーは、明るい銀色と緑の縁取りの葉色が美しい品種です。可愛い花が楽しめるカラーリーフとしても近年人気の高まっている品種です。関東地方での越冬は落葉せず、銀色の美しい葉のままで春を迎えることができています。花の少ない寂しくなった冬場ので、スターリングシルバーの華やかな葉色は貴重な彩りです。



   




ランキングに参加中、あなたのクリックが励みになります♪


関連記事
    kotoha
    Admin: kotoha

    こんにちは、管理人の kotohaです。趣味はガーデニング・絵を描く・写真撮影などです。
    此処では自分の経験や独学を元に簡単な植物図鑑のようなものを作ってみました。
    皆さんのブログ日記のように日々のあれこれを綴った更新は滅多にございませんが宜しくお願いします。

Access Online