●ザクロ

2019年04月15日
樹木 - Tree

ザクロの木には花ザクロと実ザクロがあります。我が家のザクロの木は実ザクロです。苗木から花が咲いて実が成るまでは、5~6年程かかるようです。富津海岸へ潮干狩りへ家族と行った帰りに、道の駅のような何でも置いてあるお土産屋さんで、細々とした苗木を買いました。か細い女性の小指のような小さな苗木でしたが、年々大きく太くなり、この年、初めての花の蕾が、とうとうつきました。まだかまだかと待ちに待った花です。嬉しくて嬉しくて家族みんなで大騒ぎでした!





その蕾は厚みのある愕に覆われていて、まるで赤いタコウインナーのような形をしています。何とも可愛らしい姿です。写真は愕が割れて花弁が開き始めた頃です。





この年の梅雨は長く、風も強い日が多かったです。台風も早くからやって来て、が見えるベランダの窓ガラス越しに蕾の付いた枝が大きくワサワサと揺れる度に、1つ・・・2つと、まだ花開くこともしていない蕾が落ちていくのを止められずに見ているのは、とても切ないものです。。





そんな梅雨真っ盛りの中、雨に打たれながらも懸命に鮮やかなオレンジ色の花を咲かせてくれました。強い雨風で幾つもの蕾や花がポロポロと落ちてしまったものも多くありましたので、何個残るのだろうと暗く分厚い梅雨雲を恨めしく見上げた日が続いたものです。





花弁が散ったあと、愕の下が膨らみ始めています。またまたここでも家中が大騒ぎですw よく残ってくれたね、頑張るんだよ! と、ザクロの幼い実に励ましの声を掛けます。





梅雨も終わり、初夏の日差しを浴びてスクスクと大きくなっていきました。なんて可愛らしいんだと、まるで子の親になったような気持ちで実の成長を見守ります。





夏真っ盛り、毎朝やってくるツグミが、「お、此処に木の実があるんだな」と、斑のある白いおなかを膨らませて確認するように、実の近くの枝から枝へ飛びまわっています。まだ固い実でしたが、ほんのりピンクに色づく実を野鳥たちが狙っているようでした。





そして秋、収穫の時が来ました。ポックリと実が割れています。ツグミに食べられる前に採らなくてはと完熟前のような気もしましたが、ドキドキしながら数個収穫してみました。写真の実は割れてはいたけれど、中身がまだ完熟とまではいきませんでしたが、一番最初に収穫した記念の実です♪





キラキラツヤツヤ、赤い宝石のようです。実際の赤い色は写真の色よりもずっとキレイでした。
まだ赤くまでならないところもあって、やはりもう少しあとでも良かったのかなとも思える実もあったり。。 実を狙っていたツグミと張り合ったのがいけなかったようですw





それでも真っ赤に熟したものもあって、ガラスの広口瓶にアルコール40度のウォッカと氷砂糖をタップリ入れた特製ザクロ酒を作ってみました。寒い真冬にピッタリな、カーーッとお腹の中から温まりそうな果実酒になりそうです。来年は、もっとたくさん収穫できることを今から楽しみにしています。実が割れたザクロの幾つかを木に残して、冬越し前のツグミたちにもお裾分けをしてあげました♪





にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ 
ランキングに参加中、あなたのクリックが励みになります♪


ギャラリーのあるメインサイトへはコチラからどうぞ → いちのは
関連記事
    kotoha
    Admin: kotoha

    こんにちは、管理人の kotohaです。趣味はガーデニング・絵を描く・写真撮影などです。
    此処では自分の経験や独学を元に簡単な植物図鑑のようなものを作ってみました。
    皆さんのブログ日記のように日々のあれこれを綴った更新は滅多にございませんが宜しくお願いします。
    管理人は絵を描いたりもします。お気軽に絵のギャラリーサイトへもお越しくださいませ。 https://www.ichinoha.com

Access Online