See more details
INDEX

●美しく咲いたブルードレス&著作権のお話、一度ある事は二度・三度とあるもの


青バラブルードレス、今年の異常な長梅雨・日照不足にも負けずに美しく完全開花しました。

 さま、お久し振りです。いろいろ忙しいことを言い訳に、すっかりブログ更新をサボっていた私です。(´・ω・`)
そのサボっている間に私も三十路に突入( oh no!)、そして世間では地球規模で大変な事になっていた訳ですが、園芸仲間の皆さま、恐ろしいコロナウイルスの影響なく、お元気でガーデニングされておいででしょうか。まだまだコロナウイルスの脅威が続くようですので、お互いに何事もなく時が静かに通り過ぎて、平和な日々が再び戻って来てほしいものです。また、豪雨による災害のあった地域の方々、心からお見舞い申し上げます。。 今年のブルードレスが見事な咲きっぷりでしたので掲載してみました。こんなものでも、観ていただく事で心の小さな癒しになってくれれば幸いです。
過去のブルードレスの写真はコチラ

 マホの普及に伴い、ブログは勿論、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(social network service、日本語でも英語でも長いので以下SNSと表示)の発展に伴い、個人が情報発信をする場も増えました。実は最近の事ではなく年末の事だったのですが、私の写真の一部が他人に使用されているよと知り合いさんからの報告を受けて確認、おお、本当だぜ! 記事には明るく「自分が育てたバラだよ♪」などと、加工なしでバーンと3枚も使われているのを見ましたが、ひ~んやり凍り付きますなぁ。。(-ω-;)
今回だけですが、写真に著作権表示を入れてみました。右クリック禁止のHTMLを使ってもアプリケーションキーの使用で画像は取り込み可能になり(スクリーンショット等)、それを加工して使われたなら、流石にHTMLで防御しても無意味になります。そもそも画像の取り込みは何としてでもできてしまうので、ほぼ何をしても無駄です。閲覧する人のマナーに任せるしかないのが現実です。そういうわけで、こうして著作権表示をしたところで、無断使用される事がなくなるわけではないのですが、一応、主張する意思がある事を伝えるのは大事です。

 SNSの掲載には自分の所有写真か創作品、またはフリー素材や有料素材を使用するものなのですが、他人の所有画像や芸能人の写真・著作権信託契約のない曲と歌詞の使用、人気のあるアニメ画像・動画などを勝手に乱用するのは、低年齢層の人たちも気軽に参加できるSNSでは多いようです。特にtwitterとか、twitterとか、twitterとかね・・・。twitter、マジでやばいっしょ。その無断掲載のtwitter主さんに注意のコメントをしたら、翌日アカウントごと削除したようで全てなかったかのように逃げられてしまいました。まさかの写真所有者からのコメントに慌てたのでしょうが、謝罪の返信くらいしてから削除してほしかったものです。因みに、こういう事は過去にもありまして全て跡形もなく削除されて逃げられています。一度ある事は二度・三度とあるものですね。園芸をされている皆さまも、たまにSNSの花の名のハッシュタグから飛んでみたりするのもいいかもです。


ランキングに参加中、あなたのクリックが励みになります♪


関連記事

タグ:ブルードレス コロナウイルス SNS スマホ twitter 著作権 バラ 青バラ 雑記 園芸

 Access Online