●花の命の終るまで・・・

2019年07月20日
多年草 - Perennial plant2


 折や骨折熱など、いろいろご心配をお掛けしてしまいましたが、なんとか痛みも山を越したようで、睡眠も前よりは取れるようになってきました。お見舞いの言葉をありがとうございました。夜、寝れなかった時に、どうせ寝れないのだからと何度もブログ更新やコメントや返信などしようと思ったのですが、さすがに激痛に負けて無理でした。。 痛みが楽になった今も固定された左腕が、何かと不便ではありますが少しずつ復帰して行きたいと思います。



 年は例年にないような長い期間で花の満開が続いていたオキシペタラムブルースターでした。その花の付く様子で、そろそろ来たのかな? と、思っていたら、やはり今年はブルースターの寿命の年なのでした。常緑多年草なので葉落ちをすることはなく、緑を保ったまま越冬できる植物です。花が終わって種を作りだしたなら、青々とびっしり付いていた葉が落ち始めたので、その寿命の時を確信しました。多年草って寿命が来る前に、驚くほど花が大満開になったりすることはよくあるのです。我が家のブルースターは、いつの時も花の命が尽きる年は、大満開で最後の花の一番良い姿を見せて終っています。
 
   


 々回の苗の寿命は2年目でした。前回は3年目に、今回は4年目でした。我が家のからブルースターの花が尽きることがなかったのは、いつ寿命が来ても良いように挿し木をして繋げておりました。ずっと同じ苗の一部が我が家にあって、毎年花を咲かせてくれていたわけなのです。昨年に挿し木した若い芽は、まだまだフェンス全体を覆って彩るほどの成長はありませんが、年毎に旧苗のように立派な彩りとなってくれることでしょう。旧ブルースター、4年間も可愛い花をありがとう・・・。










 ブルースターの花の命の終わりに・・・心癒され優しい気持ちになる歌を掲載してみました。凄く古い歌のようなんですがテレビで一度聞いた時に、園芸店で「私をお家へ連れてって」と、花に声掛けられたような気がしてにお迎えしたという花が沢山ありまして、その経緯が何だか歌詞の一部と共感、それで好きになった曲なのです。 曲名は「花と小父さん」です。
できれば一つだけ我儘を・・・「花とお兄さん」に脳内変換して聞いてくださいw(*ノωノ)
10代の子たちに小父さんと呼ばれるのは仕方ないけど、20代以上の人たちに小父さんと呼ばれたら殴りたくなる年頃の管理人で~すw





ランキングに参加中、あなたのクリックが励みになります♪




関連記事
    kotoha
    Admin: kotoha

    こんにちは、管理人の kotohaです。趣味はガーデニング・絵を描く・写真撮影などです。
    此処では自分の経験や独学を元に簡単な植物図鑑のようなものを作ってみました。
    皆さんのブログ日記のように日々のあれこれを綴った更新は滅多にございませんが宜しくお願いします。
    管理人は絵を描いたりもします。お気軽に絵のギャラリーサイトへもお越しくださいませ。 https://www.ichinoha.com

Access Online