●これが骨折熱というものなのか・・・

2019年07月14日
雑記 - Miscellaneous notes

春の東花畑

 折をした翌々日から~今朝に掛けて3日間、39度~40度ほどの熱がありました。風邪ではありません。そんなに熱が上がったのは「骨折熱」というものだったようです。骨折熱の特徴として、骨折した直後というよりも日を置いて発熱する場合も多いらしく、何の熱? と、わからなかったりする場合が多いようです。整形外科医の説明ですと、複数個所の骨折や大きな骨の骨折の場合に、骨折血腫や骨折時に破壊された筋肉などの組織が、免疫細胞により吸収される時に熱が出る事があるとのことです。つまり、私の身体の中で炎症反応を起こした免疫というものが菌と見なしたものと戦っていたということのようです。


日本翁草の綿毛

 5年前の肩の脱臼骨折の時には、患部がもの凄く腫れた熱はありましたが、今回のようなことはありませんでしたので、ちょっと驚いてしまいました。今は熱は治まって通常の体温に戻ってきていますが、これは繰り返す場合があるそうです。今は連休ですが、このあとも少し安静にして動き回らないようにちょっと仕事は休むことにしました。が、窓からを眺めると、気になるところが目について仕事がしたくてたまらない・・・。


デブにゃん(仮名)♂ 13歳おっさん

ベッドで休んでいると、デブにゃんが「ごめんよ・・・」と、言っているかどうかわかりませんが、私のところへ来てゴロゴロ喉を鳴らして一緒に寝てくれます。しょーがないなぁ、おまえのこと、いつだって大好きだから安心しろよな^ ^

PS.
いつもご閲覧とコメントをありがとうございます。ポチポチと片手でPCのキー打ちをしていますので時間が掛かります。気長にマッタリと返信やコメントをお待ちくださいね♪



ランキングに参加中、あなたのクリックが励みになります♪


関連記事
    kotoha
    Admin: kotoha

    こんにちは、管理人の kotohaです。趣味はガーデニング・絵を描く・写真撮影などです。
    此処では自分の経験や独学を元に簡単な植物図鑑のようなものを作ってみました。
    皆さんのブログ日記のように日々のあれこれを綴った更新は滅多にございませんが宜しくお願いします。

Access Online