●花オレガノ・ベリシモ

2019年06月28日
宿根草 - Perennial plant1

花オレガノベリシモ

シソ科の宿根草、耐寒性多年草ともされる、コンパクト品種、草丈20cm前後、爽やかなスバイシー香、花期は7月~9月、花色はプラム色、気温が低くなると花色は鮮やかになる、花房が枝垂れる、花持ちが大変良い、苞葉は若草色、苞葉は重なり合う、日向~明るい半日向、乾燥に強い、耐寒性は強い、耐暑性はやや強いが真夏の強い日差しは避けたほうが無難です。多湿を嫌う、水はけの良い土を好む、風通しの良い涼しい環境を好む、水やりは表土が乾いていたらタップリとやる、やや乾燥気味に管理、病害虫の被害は特になし、肥料は控えめに春と秋に少量与える、窒素分が多いと枯れるので要注意です。花後は地際から切り戻すことで繰り返し花をつけて長く楽しめます。従来のオレガノと違ってベリシモは食用にはしません。株分け・差し芽・根伏せで増やす、冬は地上部が落葉・春に伸びる芽が残って紅葉したまま越冬します。



   


豪華な花びらのように見えているのは苞葉です。実際の花は下写真を見るとわかると思いますが、蘂のある小さな部分です。花オレガノ全般は従来のハーブではなく観賞用の花扱いなのだそうです。花オレガノは食べられないことはないそうですが、あくまでも観賞用ハーブとして分けていたいようです。こんなに良い香りがするのだから、普通にハーブでいいんじゃね?って気がするんですが、食用のオレガノと一緒にはしたくないんでしょうね。。花オレガノ・・・可哀想。。(-ω-;) 同様に花オレガノケントビューティ観賞用ハーブです。





ランキングに参加中、あなたのクリックが励みになります♪


関連記事
    kotoha
    Admin: kotoha

    こんにちは、管理人の kotohaです。趣味はガーデニング・絵を描く・写真撮影などです。
    此処では自分の経験や独学を元に簡単な植物図鑑のようなものを作ってみました。
    皆さんのブログ日記のように日々のあれこれを綴った更新は滅多にございませんが宜しくお願いします。

Access Online