●ツンベルギア・エレクタ

2019年06月20日
樹木 - Tree

ツンベルギアエレクタ

キツネノマゴ科のツル性常緑低木、ツル性常緑多年草ともされる、木立ちの半ツル性、ツルは枝垂れる程度のもの、樹高20cm~2mくらい、花期は5月~10月、花期が長い、花筒は白く花色は紫で中央部分が黄色、葉の形がツタの形に似た鋸歯、日向~半日陰、水はけのよい肥沃な用土を好む、高温多湿を好む、夏の水やりは朝夕タップリとやる、冬は水やりを少なめに管理、アブラムシ・ハダニ・カイガラムシ予防、5月~10月の生育期に緩効性化成肥料を定期的に置き肥、関東の温暖の地植えで上部は枯れるが春に新芽が出るとの話を聞いたこともありますが、暖地や亜熱帯以外では耐寒性は大変弱いので鉢植えにして冬は室内で管理したほうが無難です。エレクタは挿し木で簡単に増やせます。

ツンベルギアの形態には、一年草・多年草・低木・つる性植物などいろいろあります。我が家のエレクタはツル性常緑低木になります。まだまだ樹高は50cmほどで低いのですが、大きくなりますと、1m~2mくらいにもなる木の種類なのです。一見、花だけを見ますと細長のアサガオのようにも見えます。ツンベルギア・アラタ(一年草のツルもので木立しません。)とも花だけはよく似ていますが別品種になります。また、ツンベルギア・フォーゲリアナ(ツル性常緑低木)とは大変良く似ているのですが、これは葉の形が楕円形で違う別品種になります。一口にツンベルギアと言っても品種名まで書かれていない販売ものも多く、また、多岐過ぎて調べても混乱するところなのですが、ちゃんとそれぞれの特徴があります。もしも、あなたのにあって品種がわからないようでしたなら、それぞれの特徴を照らし合わせてみると良いかと思います。



   






ランキングに参加中、あなたのクリックが励みになります♪


関連記事
    kotoha
    Admin: kotoha

    こんにちは、管理人の kotohaです。趣味はガーデニング・絵を描く・写真撮影などです。
    此処では自分の経験や独学を元に簡単な植物図鑑のようなものを作ってみました。
    皆さんのブログ日記のように日々のあれこれを綴った更新は滅多にございませんが宜しくお願いします。
    管理人は絵を描いたりもします。お気軽に絵のギャラリーサイトへもお越しくださいませ。 https://www.ichinoha.com

Access Online