●オリエンタルリリー・マジックスター

2019年06月14日
球根 - Bulbous plant

オリエンタルリリーマジックスター

ユリ科の耐寒性球根植物、オリエンタル・ハイブリッド系、八重咲き、草丈80cm~100cm、甘い香り、無花粉、花期は7月~9月、花色は淡いピンクに紅筋と紅スポット、花持ちが大変良い、球根の植えつけ適期は10月~3月、植え付けする時は最低でも球根の高さの3倍ほどの深さが必要、地植えの場合はあまり手が掛からない、とても丈夫,特に消毒の必要がない、病害虫の被害なし、耐寒性は強い、耐暑性は強い、明るい半日陰を好む、水はけが良く水持ちの良い土を好む、水を切らさないように管理、水やりは土が乾いていたらタップリとやる、風通しの良い場所を好む、春に芽吹いたら液肥や化成肥料を施す、花後は茎と葉を残して花ガラを摘んで球根を太らせる、地上部が枯れて越冬します。地植えの場合は毎年の堀り上げの必要はありませんが、鉢植えは掘り上げてすぐに新しい栄養のある土で、球根を深く植え付け直すと翌年の成長が良くなります。このマジックスターには実生と珠芽はないので鱗片・分球・木子で増やします。

写真は昨年7月に撮影した豪華なオリエンタルリリーです。花の大きさは、15~20cmくらいにもなります。ユリ全般的な植え方の常識として、浅い植え付けは✕です。それは球根の上から茎になる芽を出して、その茎から根を伸ばして張るからなのです。(←上根と言います。)張った根の茎元に木子という子球根が作られます。木子が浅いところへ出来てしまうと浅いところから芽を出してしまうようになり、その繰り返しでどんどん浅くなっていくので土中はユリにとって悪循環な環境となります。散歩して、よそのお宅のユリ地植えを見ますと、土の表面近くから根が剥き出しているようなユリをたまに見掛けることがあります。数年手を掛けていないんだなと心が痛みます。シャベルを持ってきて、すぐに掘り上げて深く植え直してあげたい衝動に駆られる管理人なのでした。。(´;ω;`)



   






ランキングに参加中、あなたのクリックが励みになります♪


関連記事
    kotoha
    Admin: kotoha

    こんにちは、管理人の kotohaです。趣味はガーデニング・絵を描く・写真撮影などです。
    此処では自分の経験や独学を元に簡単な植物図鑑のようなものを作ってみました。
    皆さんのブログ日記のように日々のあれこれを綴った更新は滅多にございませんが宜しくお願いします。
    管理人は絵を描いたりもします。お気軽に絵のギャラリーサイトへもお越しくださいませ。 https://www.ichinoha.com

Access Online