●寒菊・精寒はなさくら

2019年06月12日
多年草 - Perennial plant2

寒菊精寒はなさくら

キク科の耐寒性多年草、寒系の小寒菊、草丈60~80cmくらい、秋咲きの小の改良品種、花期12月~2月、花色はエンジ色掛かった紅、丈夫,耐寒性は優秀、耐暑性は強い、日向大好き、水やりは土が乾いていたらタップリとやる、水はけの良い土を好む、風通しの良い場所を好む、アブラムシ・ヨトウムシ・スリップス・ハダニ予防の消毒、2月下旬花後は切り戻しと古い花茎の整理+株分け、3月~5月に親株の根元から新しい芽が出る、5月~7月定置を済ませる、7月~9月こまめに摘心を行うとボリュームが出る、6~9月差し芽で簡単に増やせる、スプレー同様に側枝を増やすので主茎の脇芽は摘み取りません。株が若い内は消毒と摘心以外は放置気味でも大丈夫です。



   


真冬の寒風の中で可憐に咲く精寒はなさくらです。この時期のは花らしい花も少なくなっているので、我が家では貴重な花の1つとなっています。元の親株は、もう何年経っているのか忘れるくらいです。(たぶん、10年くらい?)株分けしたり差し芽をしたりで(管理人の場合、精寒はなさくらの差し芽成功率は100%なので増えまくるんです)、ご近所さんは勿論のこと、通りすがりの園芸好きさんに声を掛けられると、どうぞ持って行ってくださいと、お裾分けを沢山してきた寒菊です。お裾分けされた皆さんには、花のない時期に可愛く咲くということで大変喜ばれています。我が家では草丈をなるべく低くしたいので、菊愛好家さんたちから、お怒りを食らいそうなくらい荒っぽいんですが、6~9月初旬までは数回に渡って高さ調整のための剪定をしています。←9月以降は花芽が付き出すので避けてくださいね。(´艸`)





ランキングに参加中、あなたのクリックが励みになります♪


関連記事
    kotoha
    Admin: kotoha

    こんにちは、管理人の kotohaです。趣味はガーデニング・絵を描く・写真撮影などです。
    此処では自分の経験や独学を元に簡単な植物図鑑のようなものを作ってみました。
    皆さんのブログ日記のように日々のあれこれを綴った更新は滅多にございませんが宜しくお願いします。

Access Online