●スイートレモネードの花

2019年05月18日
樹木 - Tree

スイートレモネードの花

ミカン科の常緑性果樹、樹高2~4m、樹形は開帳性、花期5~6月(周年開花あり)、耐寒性やや弱い、耐暑性は強い、お日様大好き、水はけの良い有機質に富んだ土を好む、水やりは表土が乾いたらタップリやる、肥料は3月に有機質肥料か速効性の化成肥料を元肥にする、追肥は6月と11月、定期的にアブラムシ、アゲハの幼虫、ミカンハモグリガなどの駆除、挿し木で増える、剪定は3月頃までに、剪定は徒長枝・伸びすぎた枝をカット・短い枝を残す、摘蕾は房状に着花した中心の蕾を残して側花を間引きます。自然受粉がされるようなのですが、我が家では筆先でコチョコチョと受粉をしております。(右下写真参照) 

受粉して実が生っても、まだ木が若いと実の落下があります。また、充実した大株の木に育っていても隔年結果というものがあって、たくさん花が咲いてたくさん実が生った翌年は、木の体力が消耗しているために数が減るようになります。安定して収穫を得るには、木の体力の消耗を少なくするために摘果をすると良いようです。スイートレモネードの実はミカンくらいちょっと甘くて、普通のレモンよりずっとずっと甘く、レモンなのにオレンジの風味と香りが何処かに隠れているような、でもやっぱりレモンなんだよねーっていう不思議な風味のするレモンなのです。 この表現は食べた事のある人ならば、それ、ズバリだよと頷けると思いますw 次回、スイートレモネードの追記は、収穫と美味しい食べ方の予定です。



   




ランキングに参加中、あなたのクリックが励みになります♪


関連記事
    kotoha
    Admin: kotoha

    こんにちは、管理人の kotohaです。趣味はガーデニング・絵を描く・写真撮影などです。
    此処では自分の経験や独学を元に簡単な植物図鑑のようなものを作ってみました。
    皆さんのブログ日記のように日々のあれこれを綴った更新は滅多にございませんが宜しくお願いします。

Access Online