いちのは -Fun gardening-

●多肉植物・ランプランサス赤花

多肉植物・ランプランサス赤花ツルナ科の耐寒性常緑宿根草(市場の一部ではハマミズナ科ともしている)、耐寒性常緑低木・耐寒性常緑多年草ともされる、草丈5cm~10cm、花期は4月~6月で早咲き、花色は真っ赤で蘂が黄色い、その他の花色として白・ピンク・紫・オレンジ・黄色などがある、這性、とても丈夫,特に消毒の必要がない、病害虫の被害なし、耐寒性は普通だが木化すると強い、耐暑性は強い、日向~半日向、水はけが良く水...

●プラティア・アングラータとフィカス・シャングリラ

プラティア・アングラータキキョウ科の宿根草、耐寒性多年草ともされる、草丈5cm前後、匍匐性、グランドカバー向き、成長はゆっくり、花期は5~11月繰り返し咲く、花の観賞期間が長い、扇型の白い花をたくさん咲かせる、葉は濃い緑、日向~やや半日陰 、耐寒性は強い(約-12℃)、高温多湿を嫌う、夏場の蒸れには注意、やや乾燥気味に管理、風通しの良い環境を好む、地植えの水やりは表土が乾いていたならタップリとやる、鉢植えは...

●サルビア・スペルバボルドー

サルビア・スペルバボルドーシソ科の宿根草、半耐寒性多年草ともされる、草丈40cm前後、中型、花期は3~11月、早咲き、開花期間が晩秋までと長い、花色は水色掛かった薄めの紫・その他に白・ピンクなどもある、花穂に密集して花が付く、花茎は短め、株がコンパクトに纏まる、特に消毒の必要がない、病害虫の被害なし、耐寒性は強い、半日向、やや耐暑性は強いが夏の強い日差しは避ける、高温多湿を嫌う、水はけが良く水持ちの良い...

●ブルーサルビア・ミスティックスパイヤーズブルー

ブルーサルビア・ミスティックスパイヤーズブルーシソ科の宿根草、半耐寒性多年草ともされる、草丈50cm前後、花期は4~11月、花色はブルーの強い濃い紫、花穂と花茎は長い、花茎は長いがしっかりしているので倒れにくい、早咲き、開花期間が晩秋までと長い、株がコンパクトに纏まる、特に消毒の必要がない、病害虫の被害なし、耐寒性・耐暑性は共に強い、日向を好む、水はけが良く水持ちの良い土を好む、水やりは土が乾いていたら...

●ホスタ・ブルーマウスイヤー

ホスタ・ブルーマウスイヤーユリ科の宿根草、耐寒性多年草ともされる、矮性改良品種、小型種、草丈15cm前後、花期は6月~7月、花色は淡い薄紫、とても花付きが良い、花茎は太めでしっかりしている、葉色は美しい青みのある深緑、マウスの耳のような小さい丸い葉が密集する、よく芽が増えて株の纏まりが良い、強健種、とても丈夫,特に消毒の必要がない、病害虫の被害なし、明るい半日陰を好む、耐寒性・耐暑性は共に強いが夏の日射...

●花オレガノ・ベリシモ

花オレガノ・ベリシモシソ科の宿根草、耐寒性多年草ともされる、コンパクト品種、草丈20cm前後、爽やかなスバイシー香、花期は7月~9月、花色はプラム色、気温が低くなると花色は鮮やかになる、花房が枝垂れる、花持ちが大変良い、苞葉は若草色、苞葉は重なり合う、日向~明るい半日向、乾燥に強い、耐寒性は強い、耐暑性はやや強いが真夏の強い日差しは避けたほうが無難です。多湿を嫌う、水はけの良い土を好む、風通しの良い涼し...

●ガウラ・フェアリーズソング

ガウラ・フェアリーズソング アカバナ科の宿根草、耐寒性多年草ともされる、矮性改良種、花期5月~11月、花期が長い、草丈40~50cm、日向大好き、日当たりが良いほど花付きが良い、日当たりが悪いと花付きが悪い、耐寒性・耐暑性は共に強い、目立った病害虫はない、風通しの良い場所を好む、水はけの良い土を好む、水やりは地植えの場合は雨水のみでも可、乾燥し過ぎない程度に管理、鉢植えの水やりは表土が乾いたらタップリと与え...

●ブルーキャットミント・ジュニア ウォーカー

ブルーキャットミント・ジュニアウォーカーシソ科の宿根草、耐寒性多年草ともされる、ウォーカーズロウの小型改良種、草丈30~40cmくらい、花期初夏~秋、丈夫,耐寒性は強い(寒冷地でも屋外での越冬が可能とのこと)、耐暑性は強い、日向大好き、水やりは土が乾いているのを確認してからタップリとやる、水のやり過ぎに注意、水のやり過ぎは草姿が乱れる間延びの原因、多湿を嫌う、水はけの良い土を好む、風通しの良い場所を好む...

●カラミンサ・ネペトイデス

カラミンサ・ネペトイデスシソ科の宿根草、耐寒性多年草ともされる、草丈50cm前後、花期は初夏~晩秋までと長い、花持ちが良い、花色は白~薄桃~薄紫~水色へ咲き進むと変化する、触れると爽やかなミント香、生育が早い、移植を嫌う、地植えの場合はあまり手が掛からない、鉢植えは乾燥のし過ぎに注意、とても丈夫,特に消毒の必要がない、病害虫の被害なし、耐寒性は強い、耐暑性は強い、日向大好き、水やりは土が乾いているのを...

●オダマキ・イエロークイーン

オダマキ・イエロークイーンキンポウゲ科の宿根草、西洋品種、距(花の後ろに突き出した部分)が長い、草丈40~90cmくらい、花期5~6月、耐寒性、西洋品種のものは山野草用の培養土に少し小粒サイズの鹿沼土を多めにした配合が適している、風通しの良い明るい半日陰を好む、高温・多湿を嫌う、夏の強い日差しは枯れる原因、湿気の多い季節のうどんこ病も枯れる原因、水やりは地植えなら雨水のみでも可、鉢植えは表土が乾いているの...

●カンパニュラ・タキオンブルー

カンパニュラ・タキオンブルーキキョウ科の耐寒性宿根草、落葉種の耐寒性多年草ともされる、パーシフォリアの改良種、草丈30cm~50cm(パーシフォリアは1Mほどの草丈)、光沢と透明感のある青い花、花期5月~6月、とても分枝性が良い、従来品よりも草丈はコンパクトなのにボリュームのある花をたくさん付ける、耐寒性、日向大好き、水はけが良く水保ちの良い有機質に富んだ土を好む、多湿を嫌う、水やりは表土が乾いてからタ...

●ラミウム・スターリングシルバー

ラミウム・スターリングシルバーシソ科の宿根草、耐寒性多年草ともされる、冬期落葉種とされているが関東地方では冬場でも葉を残して越冬可能が確認済、草丈10~20cmくらい、匍匐して横に広がる、花期4~6月、耐寒性と耐暑性は良い、風通しの良い日向~半日陰、日向の方が花つきは多くなる、グランドカバー向き、シェードガーデンにも向いている、寄せ植えにも良い、水は控えめに、水やりが多いと間延びしがちになり草姿が乱れる...

●ゴールデン・レインボーの花

ゴールデン・レインボーの花トウダイグサ科、ユーフォルビア属、マーチニーの矮性斑入り種、アスコットレインボーの流通用の別名称という一説あり、宿根草、冬場も地上部が枯れる事なく常緑であるために耐寒性多年草ともされている、花期4~6月、個性的で可愛い小花、花後は伸びた茎を株元で切り落とす、鮮やかな斑入りの葉、草丈30~40cm、日向~半日陰、水はけのよい土を好む、水やりは控えめに、多湿を嫌う、やや乾燥気味に管...

●タイム・ロンギカウリス

タイム・ロンギカウリスシソ科の宿根草、冬場も地上部が枯れる事なく常緑であるために耐寒性多年草、またはシソ科の耐寒性常緑低木ともされています。日向~半日陰、草丈5㎝~10㎝、花期4~5月、花色は濃いめのピンク、葉は小さく花付きは蜜で大変良い、葉はハーブ特有の爽やかな香り、繁殖力旺盛、風通しの良い場所を好む、夏の暑さはやや苦手、湿気を嫌う、乾燥に強い、水やりと肥料は控えめに、マット内の蒸れ対策は梅雨前に刈...

●シラン

シランラン科の宿根草、草丈20~30cmくらい、花期4~6月、日向~半日陰、湿り気のある環境を好むのに水はけの良い土が大好き、夏の暑さには強い、寒冷地での冬場は土が凍らないように管理、春と秋に緩効性の肥料を与える、新しいバルブから花芽、地下茎を株分けで簡単に増やせます。我が家にはピンクの他に花色が青紫になるブルーシランがあったのですが、この2年ほどその花色を見ていません。ちゃんと株はあるので消えてしまった...

●ベロニカ・ティダルプール

ベロニカ・ティダルプールゴマノハグサ科の宿根草、常緑、草丈10cmくらい、花期4~5月、耐寒性と耐暑性はかなり優秀、日向~半日陰、ペクチナタとアルメナの優秀な特徴を併せ持つ交配種、成長はゆっくり、大株になるには数年を要する、我が家のティダルプールは、つるバラ下のグランドカバーの一部として入れて3年目です。宿根草と分類していますが、冬場も地上部が枯れる事なく常緑であるために耐寒性多年草ともされています。こ...

●サギナ

サギナアイリッシュモス、もふリッチなどの別名があります。コケのように見えますが、ナデシコ科の常緑の多年草です。風通しの良い陽の当たるところに置きます。耐寒性はあるようですが、高温多湿は苦手、多湿でマット内が蒸れると、あっという間に枯れ出すので、水やりは土が乾いたらやるようにして、鉢植えならば受け皿に水は溜めないようにします。冬の霜には当たらないように陽当たりの良い軒先、または室内の陽の当たる窓辺で...

    Access Online